京都カトリック信愛幼稚園
ホーム
教育理念
モンテッソーリ教育
入園案内
未就園児クラス
年間行事
幼稚園の一日
施設案内
土曜学校
アクセス


今月のおはなし
園庭にあるルルドの泉、シオカラトンボから赤トンボに代わり季節の移ろいを感じる10月になりました。
今月のテーマは「愛」です。キリスト教では愛の形を3つあると言われています。
1つ目は「エロス」これは満たされないものを求めようとする愛、
2つ目は「フィリア」これは仲間を思う愛、
3つ目は「アガペー」これは自らが他者に何かを無償で与える愛です。
幼稚園の毎日はこの3つの愛が交差し、子ども達は少しずつ少しずつ心身ともに成長しています。
当園は縦割り保育を実施しており、特に年長児になるとこの「アガペー」の域に達しているのではないかと
大人が目を見張るほどの行為を目の当たりにすることがあります。その1つのエピソードをお知らせしましょう。
年度初めの事、お母さんから離れて不安で心が押しつぶされそうな年少児に向かって「大丈夫だよ、ボクもそうだったもん。
泣いてもいいんだよ、一緒にお部屋に行こうよ」一日の終わりに「ねっ、平気だったでしょ。頑張ったね。
もう少ししたらお迎えに来てくれるよ」この年長児によると、
自分が年少の頃に同じように年長児から声をかけてもらって嬉しいという記憶が残っていたのだそうです。
愛のエピソードに包まれて今日も子ども達の笑顔と笑い声が響いています。皆さんのご家庭も愛につつまれた毎日が訪れますように。

今月の子どもたち
今月の子どもたち 今月の子どもたち 今月の子どもたち 今月の子どもたち
今月の子どもたち 今月の子どもたち 今月の子どもたち 今月の子どもたち