京都カトリック信愛幼稚園
ホーム
教育理念
モンテッソーリ教育
入園案内
未就園児クラス
年間行事
幼稚園の一日
施設案内
土曜学校
アクセス
モンテッソーリと縦割り保育

信愛幼稚園の特色は、キリストの教えを基盤として、「モンテッソーリ教育」と「縦割り保育」にあります。
「モンテッソーリ教育」はイタリア初の女性医学博士で教育学者であるマリア・モンテッソーリ(1870〜1952)によって提唱されました。
彼女は「子どもは生まれながらにして無限の可能性を秘めた神秘的な存在であり、燃えるような生命のエネルギーにあふれている。
このエネルギーを正しく援助することにより、その発達はより素晴らしいものになっていく。 」と語り、
子どもの知的発達を促す環境と、それを援助する方法を考案しました。
この教育法は、世界各国に広がり、研究が深められ、確実な成果をあげています。
当園は、1970年からこの教育法を導入し、以来、40余年にわたって、この教育に取り組んでいます。

モンテッソーリと縦割り保育 モンテッソーリと縦割り保育
また、もう一つの特色である「縦割り保育」は、一クラスに同年齢ではなく、3,4,5歳児を混合して編成します。
年齢が異なるので自然のうちに、年少児は年長児に対してあこがれと尊敬を持ちながら、
よい手本に倣って生きるように努力していきます。
こうして縦割りクラスの子どもたちは、信頼関係の中でお互いを高めながら成長していきます。
モンテッソーリと縦割り保育 モンテッソーリと縦割り保育 モンテッソーリと縦割り保育
モンテッソーリと縦割り保育

当園は、子どもが自分で選んで自発的に学べるように保育室にコーナーを設け、本物で美しい多様な教材を整えています。
そこで、子ども自身が自分に合った活動を選び、取り組み、自分自身を成長させています。
教師は、子どもの自主性を大切にし、子どもの中に備えられている生命のエネルギーを信頼し、
子ども自身がそれに従って自ら成長させていけるように一人ひとりを援助します。
この整備された環境の中で、子どもが自分の感性をフルに発揮し、知性を働かせ、体を使って自分で考えて行動する時、
人間が本来持っている善さ、すなわち、優しさ・愛情・思いやり・正義感・自発的な規律・協調性・忍耐などが開花するのです。
まさに幼児期に於ける知的発達を正しく促す原理と方法がここにあります。
モンテッソーリ教育の主な分類と目的